岩手 派遣看護師

結婚してもまた戻りたいと思える職場作りをしないと、中堅の看護師が病棟からいなくなってしまいますよね。

女性は、結婚や出産などの生活環境の変化によって、働き方を変えざるをえません。
独身時代であれば、自分の思い通りに働く事ができますが、結婚して家庭ができると、家族の事を考える必要がありますから、
なかなか思い通りに働く事はできません。
特に病棟勤務の場合は大変です。
病棟の場合は、日勤や夜勤がありますから、時間も不規則になってしまいます。
それに、患者さんの急変などもありますから、残業が当たり前といった環境です。
ですから、家族と同居しているなど、家族の協力があるか、又は、ママさんナースに理解がある職場でなければ、
なかなか仕事を続ける事はできません。

 

子育てに理解がある職場かどうかというのは、上司の理解度も大きく関係しています。
看護師の上司である師長が、子育てに理解がある方であれば、何かあった時にも融通を効かせてもらう事ができますし、
安心して働く事ができます。
残業を免除させて貰う事も可能だと思います。
しかし、実際にはなかなかそのような職場がないのが実状です。
昔に比べると、院内保育園が設置されたり、子育てに対する福利厚生が充実していたりと、
ママさんナースにとっては働きやすい環境になってきてはいますが、まだまだ充分とはいえません。

 

中堅ナースというのは、知識や経験が豊富で、バリバリ働く事ができる年代です。
そのような年代の看護師がいない職場というのは、新人の負担も大きくなってしまいます。
そのような環境も、新人看護師がせっかく就職してもすぐに仕事を辞めてしまう、原因の一つだと思います。
中堅ナースというのは、どの年代の看護師よりも頼りになる存在だと思います。
中堅ナースが働きやすい環境を作る事、これは、今後の大きな課題だと思います。